スマートリテール

顧客動線を分析してショッピング体験を向上させる
Smart Retail with Smart Vision AI

ベーカリー画像認識レジ
Viscoveryが提供するベーカリー画像認識レジは、AIとコンピュータビジョン及びディープラーニングを元に独自で開発したテクノロジーを使用しており、焼き加減やトッピングの違いを検出し、個々のパンを正確に特定します。
商品画像認識レジ
Viscoveryの画像認識AIを元に開発された商品画像認識レジは、これまでのバーコード読み取り式よりもスピーディなレジ作業が行えます。商品をレジカウンターに置くだけで、1秒ほどでお会計が終了します。
来客分析
購買者の性別や年齢、感情等の分析を行うことで、店舗内の動線や商品の設置位置の調整が効果的に行えるようになり、マーケティング戦略やショッピング体験の向上を促し、売上アップを支援します。

ご利用例

アップロード
ViscoveryのAPIから商品画像をアップロードし、データベースを作成します。
分析と認識
商品の特徴を識別し、多角的な照合技術で迅速かつ正確に識別結果を反映します。
結果を確認
システムによる識別作業が完了すると、データが自動的に反映されます。AIでよりスマートな商品管理と検索が行えるようになります。
応用
購買者の消費行動を分析し、動線、商品設置、セールス戦略を最適化。効果的な売上アップを支援します。

一之軒 - ベーカリー画像認識レジ

Viscoveryと一之軒共同開発台湾初のAIパン認識レジの運用を開始。このAIパン認識レジシステムは、コンピュータビジョン、人工知能、ディープラーニング技術を基礎に開発することで、コンピュータに人間の思考を持たせるに至った。例えばパン表面のシュガーやトッピングの多寡による誤認識をなくし、パンの種類と数量を正確に識別することに成功した。一之軒をはじめ、ベーカリー業界全体が抱えるレジ待ち問題を解決し、ショッピング体験を向上させるサポートにつながるだろう。

85度C - ベーカリーセルフレジシステム

アメリカ、ロサンゼルス—アジア・太平洋地区におけるVision AI開発のリーディングカンパニーViscoveryが提供する画像認識セルフレジシステムが、7月15日(アメリカ時間)台湾の美食達人(グルメマスター)が展開中のベーカリーカフェチェーン店85度Cに正式導入されることが決定、アメリカでAI画像認識セルフレジシステムを導入する最初のベーカリー企業となりました。
トップ